実際にご注文いただいたオリジナル商品をご紹介します。


着物

振袖

①京都 M様

地色はこだわりをお持ちだっただけに、とてももいい紫でした。自分に似合う色は、「自分らしさ」を存分に表現します。

 ②京都 T様

柄に合う大柄の本紋の緞子生地を、特別に織らせていただきました。地色の無地場に地模様の柄が反映し、とても豪華な振袖にになりました。

 ➂栃木 O様

身長の高い方でしたので、生地も幅広の緞子生地を特別に織らせていただきました。古典柄の典雅な趣の振袖になりました。

 兵庫 A様

古典ではありますが、モダンな雰囲気があります。特にぼかしによる色のグラデーションが印象深い振袖となりました。

京都 E様

いつの時代にも黒地の着物は、根強い人気があります。伸びやかな松かさ模様が黒地に映えて美しいコントラストを見せています。



男着物(山口 Ⅰ様)

映画”丹下左膳”で左膳が着ていたような着物がほしいというご注文でした。できるだけ映画の着物に忠実に、男物の着物を作らせていただきました。普段あまりなじみのない梵字がたくさん使用されていましたので、それぞれの梵字を特定するのが大変でした。

しかし、りっぱにできた着物は、生地に丹後ちりめんを使用し、柄は白地に黒で、すっきりした中にも、迫力のある着物ができあがりました。

イベントに着用されたようですが、さぞかっこよかったことでしょう。



訪問着(京都、N様)

”蛍”柄の、単の訪問着をご注文いただきました。

ご注文のポイントは、すっきりした柄であることと、秋には着ないので、蛍の柄につきものの”ススキ”は入れないでほしいということでした。そこで、、”つゆ芝に蛍”の柄をデザインさせていただきました。

まず下絵を作成し、正式な下絵が決まった後、配色を決めるために、2タイプの配色の違う見本を作製しました。ご検討後、配色が決まり、地色を引き染めし、挿し友禅をして、友禅染の工程が終了です。最後に、プラチナで金彩加工をし、縫製をして”蛍”柄の単の訪問着の完成です。

 



新選組羽織(岡山 K様)

 お土産物とは一線を隔し、史実をもとに制作した本格的な新選組羽織の完成です。成人式に着用されました。

 

新選組羽織子供用(神奈川 S様)、(東京 K様)

七五三に着用されるということでした。後で、とても可愛い着用写真をお送りいただきました。

 

※詳細については、弊社ホームページの

こちらをご覧ください。http://www.silkytime.com/shinsengumihaori.html



訪問着(東京 I様)

生地は丹後ちりめん紋意匠の極上生地を使用しました。地色の候補の色が”鉄色”と”柿色”でしたので、2タイプの地色の見本を染めました。結果、地色は”鉄色”に決まり、。落ち着きのある鉄色の地色に、"吹き寄せ”の気品ある訪問着へと仕上がりました。

”吹き寄せ”柄は、古来より代表的なな古典柄の一つですので、これからも流行に左右されることなく、、飽きが来ずに末永く着用していただける訪問着になるものと思います。

 

 



訪問着(京都 N様)

”吾亦紅”(われもこう)の柄で、すっきりした感じの訪問着のご注文でした。まず、ラフデザインを制作し、それをもとにお客様とご相談しながら構図や図案などを決め、”ひながた”とよばれる図案を完成させます。

その下絵をもとに、友禅染をしていきます。

すっきり感を求めておられましたので、虚飾を排し、”吾亦紅”がさりげなく配された気品のある訪問着ができあがりました。

この着物のできあがるまでの詳細については、”着物制作工程”をご覧ください。

 



訪問着(大阪 A様)

色や柄が流行に左右されず、長く着られる上品な古典柄がご希望でした。

既製品は、おおむね見た目のインパクトはあるのですが、色や柄に落ち着きや上品さにかける傾向があります。したがって、既製品の中から、流行に左右されることなく、息長く着られる落ち着きのある着物を探すことは、以前に較べて市場に商品自体が少なくなってきている昨今、大変難しくなってきました。

そんな意味でも、この着物は、オーダーメイドだからこそできる訪問着の逸品と言えると思います。

 

 



黒留袖(岐阜 H様)

この留袖の生地は、信州・安曇野でとれた繊維のダイヤモンドとよばれるほど希少で高価な”天蚕糸”が縫い糸にふんだんに使用されています。この生地は染料に染まりにくい性質があるので、染屋さんは、”こって牛”のように扱いにくい生地だと言います。ほんの数センチ四方を染めるのに、半日かかることもあります。

しかし出来上がったものは、品格がある中にも、迫力満点で、既製品の追随を許さない、オーダーメイドならではの見事な黒留袖が出来上がりました。

 



お見積り・お問い合わせ

あなたのお創りになりたい着物や帯について、具体的な想いをメールか電話でお伝えください。

また、オリジナル着物創作についてのご質問がございましたら、何でもお気軽にお問い合わせください。

 mail:tsuboryu@silkytime.com    tel:0772-64-2488

※下記のメールフォームからお気軽にお問い合わせ頂けます。

メモ: * は入力必須項目です