こんなものをお誂え!?

ちりめん服地
ちりめん服地

つい先日和歌山から木魚にかける丹後ちりめんの生地のご注文をいただいた。

われわれ丹後で織物に携わる人間にとって、ちりめんというと、その用途は

着物や洋服、せいぜい和雑貨ぐらいしか思い浮かばない。このようにお寺さんの

木魚にかける布としての用途は初めてのことで驚いた。

 

ところで、今、和歌山方面から連想したのが、大阪の岸和田。あるお客様で、

だんじり祭りに大工方のはっぴを丹後ちりめんで作りたいというご注文があった。

大工方というと、祭りの花形であると同時に、人生における貴重な経験でもあり、

この方に限らず大工方になる人なら、オーダーメイドで納得のいく良いものが作りたい思われるのは当然だ。

 

一般にはっぴというと素材はほとんど綿か化繊だが、シルクで作られるとはこだわりそのもの。

それにしても、オーダーメイドのご注文は、われわれの想像を超えるお誂えが多くて面白い。