高い染の技術があるからこそ、こんなことができます。

長い間着物屋をしていますが、初めての経験でした。

お客様が振袖の袖を短く切ってしまったが、なんとかならないだろうかというご相談があり、こんなことをやってしまいました。

一度切ってしまったものはどうにも修復不可能で、切った袖と同じ袖を作るしかありませんでした。

...

どうしてこのようなことが起こったかというと、この振袖を買う時に、「この振袖は袖を切れます」と言われたので、娘さんが年齢的にもう振袖を着ることがないだろうと思い、袖を短くして訪問着として着られるようにしたかったということでした。

しかし、訪問着として着るには、あまりにも派手で着ることがないままにしてあったのですが、いい振袖なので今度はお孫さんの成人式に着せたいというご要望でした。

同じ袖を作るといっても、それを実現することは、同種の生地を探すこと、高い染の技術があることなど、極めて難しい条件をクリアーしなければなりません。

しかし、やってしまいました。それが、この写真です。