地模様のあるちりめんの着物をお誂え

今日、お客様のご注文の色無地が仕立て上がってきた。色は薄いグレーだが、生地全体に広がる細かい若松亀甲の模様が、光の反射具合により、部分部分で様々な浮き出方をしてとても美しい。

 

ちりめんは、地模様(地紋)のあるなしで、大きく二つの種類に分けられるが、長年お客様の注文状況を見ていると、時代によって、地模様のある生地が好まれる時期と地模様のない生地が好まれる時期が、交互に繰り返しているように思える。

 

ちなみに今は、地模様のある色無地のご注文を承ることが多いが、地模様のあるなしにかかわらず、それぞれ生地にはそれぞれの良さがあり、お客様の好みもあるので、どちらがいいとは言えない。

 

しかし、自分の個人的な好みから言うと、地模様のある色無地がいい。色無地は文字通り単色の着物であるので、地模様があると奥行き感が出るし、無地なのに柄があるというプラス・アルファの面白味があるからだ。そのせいで、自分のネクタイを選ぶ時など、染のネクタイの場合には、どうしても地模様のあるものを選んでしまいがちだ。

 

ところで、この頃お客様で、このような地模様のちりめんがほしいが、織ってもらえないかというお問い合わせをいただくことが増えた。

 

それはもちろん他にはない自分だけの地模様の着物が着たいというこだわりの方が増えてきたこともあるだろうが、近年きもの需要の低下により、ちりめん自体の生産量が著しく減少していることにも原因があるのだろう。

つまり、昔のようにちりめんの生産量も多く、豊富な地模様から選べる時代ではなくなり、ほしい柄のちりめんを探そうにもどこにもないために、特注品をオーダーしなければならないというわけだ。

 

特注品の場合、製品として完成するまでは大変な労力がかかるけれど、お客様に気に入ってもらえるものが出来上がった時には、この上なく嬉しい。