どんな感じに出来上がるか楽しみの薄物コート。

過日行われた「丹後織物求評会」に出品のこの織物、藍色と白の格子柄だが、これを紺色に染めると、部分的に同じ色合いの色が重なる相乗効果で、格子柄が何と縦縞に化けてしまう。

 

さらによく見ると、縞柄の下に、格子の地模様が浮き上がり、奥行き感がありとても面白い。

 

また、紗のコートほどではないが透け感があり、用途として、スリーシーズン用のコートとして適していると思い、お客様にご案内し、すでにご注文をいただいている。

 

最近、気候の温暖化で衣替えの服制にも変化が生まれてきた。

 

例えば、今までは道中着、道行コート、雨ゴートなどは、しっかり感のある素材だったが、暑さのせいか、薄い素材のものが好まれるようになった。また、6月の衣更え前でも大変暑いので、見えない下着や長襦袢だけでも夏物にするといった工夫をされるる方も増えてきた。

 

このように羽織物においては薄くて軽いものが好まれるトレンドの中、春先から晩秋までの長いスパンで着られるこの品物は、道中着や塵除けコートとして、きっとブレイクするだろう。