年の瀬に、着物を取り巻く環境を憂い、新しい年に希望を繋ぐ。

今年は大晦日、平成二十八年さる年よ、さらば!

 

今年一年を振り返ると、今日までにいだいたお客様からのご注文の中で、二つのご注文が特に印象深く残っている。

 

一つは、お客様が切ってしまわれた振袖の両袖を、新たに別の生地から同じ色、同じが柄に染め上げ、切る前の袖を復元したことだ。まさしくクローン袖を作ったということになるだろうか。

 

長い間呉服屋をしていて、このような特殊なご注文をいただくことは初めての経験だが、、何よりもこんな難しい染を引き受け、立派に染め上げてくれた染屋さんに感謝!

 

また、名古屋帯で風呂先屏風を作りたいというご注文。この場合には、決して加工が難しい注文ではないけれど、今までお願いしてきた外注先が廃業したということで、ここに依頼することができなかった。他の業者をあたってもらったが、高齢でこちらも駄目。幸い、他の心当たりの業者を思い出し、そちらへ依頼することができ、立派な風呂先屏風が完成した。

 

このように、高度な染加工技術を必要とする注文があり、一方で着物の加工や日本の伝統技術に携わる人がどんどん減っていく状況の中で、これからますます営業がしずらくなって行きそうだ。

 

今日の新聞記事によると、丹後の織物業者もここ数年に250件以上減り、ちりめん製造業者においては130件程度にまで落ち込んだということ。織物業に限らず京都の友禅関係においても状況は同じと聞く。

 

そんな厳しい状況ではあるが、来年こそは景気が良くなり、ぜひ日本中が元気になってほしいものだと思う。そして、着物を着たいと思う人が一人でも増えることを望みたい。

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Katie Zipp (木曜日, 02 2月 2017 21:33)


    A person necessarily help to make critically articles I'd state. That is the very first time I frequented your web page and up to now? I surprised with the research you made to make this actual publish extraordinary. Magnificent job!

  • #2

    Loriann Montague (金曜日, 03 2月 2017 13:40)


    Hello colleagues, fastidious article and nice urging commented at this place, I am really enjoying by these.