遅すぎる初雪におおわれた織物の町、丹後!

とうとう今年も雪が降った。昨年末からお正月にかけて忙しい時期に暖かく雪が降らなかったことで、人々は口々に足もとがよくて助かると話していた。

平年なら、12月になると初雪が降り、お正月には雪見酒なんてことも珍しくないが、今年はお正月過ぎても春のような暖かい日が続いていた。

しかし、12日から降り始めた雪は今日もなお断続的に降り続いている。

やはりまだ1月も半ば、これから大寒を迎えようというところで、天はしっかりとバランスをとったようだ。

 

大雪というと、いわゆる”さんぱち(3・8)豪雪”を思い出す。この時は、降り積もった雪が軒と繋がったので、当時小学生の自分は、平屋だった我が家の屋根からスキーで滑り下りたことを思い出す。

 

当時から比べると、最近は温暖化のせいか、あまり雪が降らなくなった。丹後はもともと雪が多いし、日本海側の独特の気候で、「弁当忘れても、傘忘れるな」と言われるほど、秋は天気が変わりやすい。

 

このように雪や雨の多い多い気候で湿気の多いことが、丹後ちりめんの織物に適していると言われる。湿気があるほうが乾燥しているより、糸が切れにくく、扱いやすいのだ。

 

そのために、海の近く砂浜に近いところの工場では、乾燥する時期には、屋根に水を揚げていると聞く。また、暑い季節には、空冷のエアコンではなく、水冷のいわゆるクーラーを使用しているところもある。また、ちりめんは長年目方で取引きされてきた、湿気があるほうが、それだけ反物が湿気を吸い量目が重くなり、高く売れるというわけだ。

 

このように、丹後の地場産業である丹後ちりめんと、丹後の雪や雨の多い気候は、古来より深い関係があるというお話でした。

 

それはそうと、今から雪かきをせねば!