”女ひとり”

先日京都へ行く機会があった。いつも通り私のお気に入りルートで、美山から周山街道を通り京都へ入った。途中、中川の北山杉の森を通り過ぎ栂尾(とがのお)高山寺あたりに近づくと、私の頭にはいつもの通りデュークエイセスの”女ひとり”の歌が聞こえてきた ♬…。

 

  そこで、この歌の中の”恋に疲れた女”とは一体どんな女なのか、呉服屋的見地から妄想を膨らませてみた。

 

 栂尾高山寺では、”大島紬”に”綴れの帯”と歌われているが、奄美の茶泥の大島紬に、緑系の西陣の綴れの帯を合わせ、オレンジ色の帯揚をアクセントに、朱赤の帯〆をきりりと締めた”女が一人”、晩秋の鮮やかな紅葉の中、石畳を歩く姿が浮かんでくる。

 

 大原三千院では、”結城”に”塩瀬の素描の帯”ーーーここでは季節は春、濃紺の結城紬に、桜の枝の素描きの塩瀬帯を合わせた”女が一人”三千院で佇む姿。

 

 さらに、嵐山大覚寺では、”塩沢絣”に”名古屋帯” ーーー 季節は初夏、単衣の本塩沢の着物にちりめんの藍染の名古屋帯を合わせた”女が一人”、大覚寺を訪れる姿が浮かんでくる。

 

 しかしよくよく考えてみると、これらの着物、”大島”、”結城”、”塩沢”は昔は普段着だったとはいえ、現代では大変高価な着物ばかり。帯にしても同じ。

 

 この歌の”女”のイメージは、もちろん恋に疲れた女もいろいろあるだろうが、おそらく20代か30代の独身女性と言ったところだろう。仮に20代の独身のOLとするなら、よほど着物に思い入れのある人でない限り、おそらくこのような高価な着物は買わないだろう。ならば、この歌の中の女性は”まぼろし”なのだろうか?
 いやいや、一般的なOLであっても、オークションやフリーマーケットならば、いい品物を安く買うことも可能だろう。さらに着物が好きで、京都で着物が着たいという願望があり、かつ恋に疲れた女性であるならばこの歌の”女”になる条件は揃うことになる...

 

 とまあこんなたわいもない妄想をしていると、初めはこの歌の女性像に迫ろうと思ったものの、途中でなんだかぐじゃぐじゃになってしまった。そして全くイメージのまとまらぬまま、いつの間にか車は京都の町中に入っていた。