古い訪問着の地色をリメイク。

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

さて、年の初め早速このようなリメイクのご注文をいただきました。

 

これはよく着られた訪問着で汚れがきつく、生地も何度かの丸洗いでへたってきていたので、洗い張りをさせていただいた品物。

 

汚れはきれいに落ちているのだが、ひわ色の地色がかなり焼けているため、このまま仕立てても美しくない。

 

そこで、、地色を今までよりも濃い目の色に染め替えていただくことになった。これは、柄の部分を防染し、地色だけを染め替える方法だ。すなわち柄の部分の色自体には何も手を加えず、地色だけを同色のやや濃い色にきれいに染め上げるのだ。

 

お客様の着物はこの画像だが、染が完成した折りには、また画像でご紹介します。どんなに良くなるか、乞うご期待!

 

 

0 コメント

疲れた着物を見てわくわくする

着物お手入れ
着物お手入れ

先日、お茶をしておられる方の着物のお手入れを何枚かまとめてさせていただいた。それらの着物は、単や盛夏の時季に着用する薄ものの着物ばかりだった。

 

私は手元に届いたこれらの着物を見たとき、わくわくするものを感じた。これらの着物は全てお茶のお稽古儀としてよく着られた着物のために、生地は相当弱っていたし、汗によるすれなども大変きつかった。それがなぜ私をわくわくさせたかというと、お茶のお稽古着としてよく着られた着物は、どのような傷み方をするのか、主にどの部分が傷みやすいかがわかるからである。

 

年中お客様の着物のお手入れをさせていただくが、ほとんどが晴れ着のように普段あまり着ることが少ない着物ばかりで、着用頻度によって着物がどのような傷み方をするかまでは全くわからない。

 

これらの着物は、生地のへたりと傷みがひどいので、全て解いて洗い張りをし、裏と表を逆にして仕立て直しをすることが必要だった。幸いに全ての着物は先染めの着物で、表と裏を逆に仕立て直しても問題はなかった。

 

通常なら解き屋さんに出すところだが、自分で一枚一枚解いていった。解きながら色々思った中で、お茶の方ははやり、前身の膝辺り、畳と擦れ合うところが一番傷みがひどい。そして、暑い中お茶の所作・動きは、脇から肩に掛けて汗をかかれる部分のすれも激しい。その他にも弱っている部分はあったが、それらは特にお茶のせいでとは言えない類いのものだった。

 

ところで、特に最近の着物作りは、”着物は普段着ないもの”、”お祝い事などがあるときたまに着るもの”、そのような着用イメージの元に作られている。だから、生地の強度や糸質の良さなどにはあまり、気配りがされていないものが多い。しかし、多くはなくとも実際にはお茶をしておられる方やクラブのママさんなど、畳や床で膝が擦れることなどもあることを考えると、着物の前身ごろに縫い取りや刺繍のある着物などは、少々擦れても縫い取りや刺繍に影響の出ないようなものづくりが必要だと思う。

 

最後に、余談になるが、今回何枚かの着物を解いたわけだが、「びっくりポン!」なことがあった。それは、1枚だけすばらしいお仕立てのの着物があったことである。他の着物を解く倍の時間がかかってしまった。おそらく仕立てられて何十年も経っているであろうのに、未だに寸ぷんのくるいもなく、要所要所の始末にも微塵の甘さやスキもなかった。昔はこんな仕立屋さんがあったのだなあと感激。着物をよく着る人たちによって、このようなプロフェッショナルが育てられたのだろう。

 

0 コメント

知恵で、着物づくりを次世代に伝える。

古い額裏を利用して作った衝立
古い額裏を利用して作った衝立

あるお得意様から、着物を利用して「風炉先」をつくりたいというご注文があり、早速今までお願いしている外注先に久しぶりに問い合わせたところ、高齢のため過日廃業されたということだった。さらに、仲間の職人さんを紹介したいが、同じ理由で廃業したところばかりで、紹介するところがないと言われた。

そこで、色々と考えた挙句、ある業者さんのことを思い出し早速連絡をとったところ、このたびの注文を引き受けていただけることになった。

 

最近、これだけでなく、お客様からご注文いただいても、お応えできないものが本当に増えてきた。丹後では織屋さんが減り、京都では染屋さんや問屋さんが減り、これでは日本の伝統産業といわれる着物業界も、一体これからどうなるのだろうと思う。一度途絶えたものを、いざ再興しようと思ってもなかなか大変だ。業界全体で知恵を絞って、次の世代へ伝える工夫をしなくてはいけないと思う。

 

0 コメント

リメイクする着物は古いものほど新しい?

着物地でつくった巾着
着物地で作った巾着

最近古い着物や端切れを利用して、ちりめんの小物を作っておられる方が増えた。

 

今日、お客様からいただいた古い手紙を整理していたら、”着物のハギレでこんなものを作ってみました”というメモと共に、男児の古い着物で作った巾着の写真が数枚封筒の中から出てきた。そういえば、近くの棚に飾ってあるちりめんの根付けや、干支の置物などもお客様からいただいたもの。

 

着られなくなった古い着物がリメイクされ、まったく新しいものへと生まれかわることは、大変良いことだと思う。

 

そのようなれリメイクの品々を見て気づくことは、元の品物が古ければ古いほど、変な話だけれどかえって斬新に感じることだ。例えば古い着物で衝立を作るにしても、古い着物であるほどに、味わい深い作品になるように思う。

 

お土産物屋さんにずらり並んだ雑貨の中に、レトロなものを見かけることがある。古布に似せた、新しい品物ということだが、おもしろい現象だ。

0 コメント

”もったいない”

名古屋帯で作ったバッグ
名古屋帯で作ったバッグ

日本人の頭から”もったいない”という意識が消えうせようとしている、ちょうどそんな時に、ケニアのワンガリ・マータイさんが「MOTTAINAIキャンペーン」を提唱した。これが、折からのエコブームとあいまって、世界中で”もったいない”という言葉が注目され始めると、この言葉の本家であるはずの日本ではにわかに”もったいない”論者が増えた。


 ところで、最近リフォームやリメイクで古い着物を仕立て直したり小物に再生したりの注文を承ることが増えてきた。たとえば、お母さんの振袖を娘さんやお孫さん用に仕立て直すとか、形見の着物を屏風やっバッグなどの小物に作り替えたりなど。このような傾向は、もともとそれが高価な着物だから、古くなったからと捨てるにはもったいないと言う単に経済的な理由だけのことなのだろうか。

 

もちろん絹は、他の繊維製品より貴重品と言える。例えば、1枚の絹織物の着物はというと、約2.5kgあり、これは、およそ

10、000頭の蚕から取った生糸3.3kgでできている。さらにその蚕を飼うには、2.6アールの桑園が必要で、10、000頭の繭の糸をひとつなぎにしてみると、12、000kmにもなり、これは東京大阪間の11往復の距離になると言われる。


しかし、いちいちそんなことを考えてのことではないけれど、私自身も、きものを取り扱う仕事をしていて、見本や仕立てた後の胴裏の
ハギレだとか、たとえ少しであってももったいなくて捨てられない。絹というのは、簡単に捨てるにはもったいない特別な感覚があるのは確かである。不思議なことにこれがどこから来ているのか分からないが、ひょっとすると、シルクロードの古代から日本人のDNAにすり込まれてしまっているのかも知れない。


このように”もったいない”という言葉の意味は、単に経済的側面だけの理由ではないような気がする。お客様の古い着物で汚れがひどい
場合、洗ってもなかなかシミが取れないことがある。そのような着物のシミ落としをし補正する場合、物によってはそれにかかる費用が、新しいものを買われても、あまり値段が変わらないこともある。そんなときは、お客様に一応ご説明するが、それでも、この着物はとても気に入っていたものだから少々費用がかかってもこれを補正してほしいと言われるケースが少なくない。


考えてみると、それはしごく当たり前のことなのかも知れない。たとえ古かろうと、一枚一枚の着物には、人それぞれの思い出とか
物語が一杯詰まっている。たとえば、一枚の着物を通して、おじいちゃんやおばあちゃんの、お父さんやお母さんの、子供たちの、楽しいこと、つらいこと、苦しいこと、人生の様々なシーン、様々な思い出がよみがえることだろう。古い着物を捨てることは思い出を捨てることに等しい。だから、人々は、大切な思い出を捨てることがもったいなくて、着物をリフォームするのだと思う。


このように、リフォームの仕事をさせていただくと、1枚の着物に潜んだ様々なお客様の想いに触れ温かい気持ちになるが、
”もったいない”という言葉は、その裏にまさしく愛が内包されている言葉なのだと思う。

 

0 コメント